きたじまクリニック

きたじまクリニック

MCI Screening inspection

MCIスクリーニング検査

MCI SCREENING INSPECTIONMCIスクリーニング検査
〜認知症のためのリスク検査〜

MCI(軽度認知障害)とは?

MCI(軽度認知障害)とは、日常生活には支障がないけれども、微細な認知機能の低下が認められる状態です。 MCI(軽度認知障害)の状態を放置してしまうことでアルツハイマー病に移行するリスクが高まります。

MCI(軽度認知障害)は認知症予防のキーワード

MCIスクリーニング検査とは?

アルツハイマー病はアミロイドベータペプチドが脳内に蓄積されて神経細胞がダメージを受けることで発症すると言われています。本検査では、このアミロイドベータペプチドを排除する機能を持った3つのタンパク質の血中濃度を調べることでアミロイドベータペプチドへの「防御力」を算定し間接的に軽度認知障害のリスクを評価しています。

MCI SCREENING INSPECTION検査の受診に関して

判定結果に影響を与える可能性がある疾患について

本検査において影響を受ける可能性のある病気は、急性障害、急性腎障害、自己免疫性腎疾患などの自己免疫性疾患(急性期)、重度の栄養不良などが考えられます。補体タンパク質(C3)の活性化が起きる疾患では本検査の判定結果に影響を与える可能性があります。トランスサイレチン(TTR)は栄養状態で変動します。極端なダイエットなどでは本検査の判定結果に影響を与える可能性があります。

検査を受ける頻度

検査結果により必要な頻度は異なります。D判定の場合は二次検査をうけて頂くことをおすすめしますが、二次検査で問題なかった方でも以降は1年に1回の定期検診をおすすめします。

検査価格:25,000円(税別)